國學院大學
横浜たまプラーザキャンパス

 教員・指導者になる夢を叶える郊外型キャンパス。
 学部の特色を反映した各種実習室やスポーツ関連施設も充実しています。

野球場

 神宮球場と同質の人工芝を使用した野球場となっており、過去プロ野球選手も多数輩出している硬式野球部が主に使用しています。

球技場

 夜間照明が完備されている人工芝競技場です。陸上競技部やサッカー部などの部会が使用するだけでなく、授業でも多く使用します。

1号館 4階

605教室

 500名以上収容可能な、横浜たまプラーザキャンパス内では最も大きな教室です。

2号館 1階

カフェラウンジ「万葉の小径」

 日替わり定食や、丼もの、焼きたてのパンなど、幅広いメニューを楽しめて、学生だけでなく、近隣の方も気軽に利用できる学食です。
 天気の良い日は、オープンテラスの利用もおすすめです。

Sports Square 3 2階

柔道場

 世界選手権や主要国際大会の会場と同じ畳を使用している、300畳を越える大きな柔道場です。また、壁面には全身のトレーニングのために、クライミングウォールが設置されているなど、これまでにない画期的な仕組みが取り入れられています。

Sports Square 3 地下1階

トレーニングルーム

 リハビリテーション、ケアトレーニング、アスリートトレーニングなどプログラムに応じた設備を完備しています。国内屈指の低酸素ルームによるリハビリテーションや、高地トレーニングも可能で、アスリートの競技力向上をサポートします。

若木21 リニューアル後の内観はこちら

 学生の運動教育環境の強化・充実を目的に建設された施設です。
 最新機器が取り揃えられたトレーニングルームや、運動施設、その他多様なシチュエーションにも対応可能な各種ミーティングルームなども完備されています。

 世界のトップアスリートをはじめ、日本でもJリーグ、テニスプレーヤー、プロ野球選手他多くのアスリートが使用しています。さらに医療関連における活用は、リハビリテーションから多くの科目にわたり実証活用されています。

 パワープレート独自のテクノロジー「三次元ハーモニック振動」は1秒間に25~50回の高速振動で、あらゆる方向から全身の細部に負荷をかけ、短時間で効率のいいエクササイズをすることが可能です。
 例えば、動画のように、パワープレートに乗り、1分間振動を受けるだけで、筋肉が効果的にほぐされ、柔軟性も向上します。

 ハイアルチ(ハイアルチテュード=高地環境)は、標高2500mの高地環境を空間内に再現しています。酸素濃度が低い高地環境で、体を細胞から鍛える効率・効果重視型の画期的なフィットネスルームです。

 懇親会などでも使用可能な個室も完備。

 1号館の外装・正面周りの工事が完了し、横浜たまプラーザキャンパスが大幅にリニューアルしました。木材を用いた温かみのある外観が、多摩丘陵の緑豊かな風景との相性もよく、学生たちにも好評です。

 外の景色を眺めながらほっと一息つける、憩いの場です。